行事活動報告

○ここは射会・講習会等、連盟会員による活動結果報告用のページです。いつもありがとうございます。
ページ一番下の注意事項をよく確認の上、投稿してください

平成30年度 第四回連盟弓道大会   吉野(あ)

Thu, 03.21.2019, 19:51

日 時: 平成31年3月17日(日曜日)

場 所: 朝霞市内間木公園弓道場

参加者: 62名

射 侯: 一手坐射一回 四矢立射一回 (計6射)

矢渡し: 射  手 松久 哲也 四段
     第一介添 吉野 敦史 参段
     第二介添 戸田 真美子 弐段

結 果: 優 勝: 尾ア さん
     第二位: 道枝(治)さん
     第三位: 吉田 先生
     第四位: 曽根田(達)先生
     第五位: 中嶋 さん

平成30年度 朝霞市弓道連盟定期総会に引き続き、第四回連盟弓道大会が開催されました。参加者のみなさま、1日お疲れ様でした。

3月度記録会  鈴木(ま)

Sun, 03.17.2019, 02:27

日時:3月16日(土)10:00〜13:00
射候:立射20射

全体 15人 43%
初段 0人 -
2段 4人 29%
3段 3人 38%
4段 4人 46%
5段以上 4人 56%

最高的中者: 松久(て)
花的獲得者: 乙須(た)
的中率50%超: 5人
四ツ矢皆中者: 5人

2018年度年最後の記録会は43%と2番目の高的中で締めることができました。
過去のデータを整理してみると、ここ3年間ずっと成績を伸ばしている方が、初段の頃から参加されている方から、5段以上の方まで、幅広い段位で9人もいました。
継続することで、弓歴に関係なく成長できる、と改めて感じました。
継続していく中で、記録会を定点観測の場として、是非活用していただきたいと思います。
来年度もよろしくお願い致します。

平成30年度 連盟講習会         岩本

Sun, 03.10.2019, 21:59

平成31年3月10日(日)

講師 
教士七段 結城 薫 先生
教士七段 宮脇 香代子 先生

参加 39名

講習内容
 > 一手坐射1回(審査の間合い)
 > 全体講評及び各人への個評(結城先生)
 > 全体講評(宮脇先生)
 > 運動生理学の視点から、弓を引く前後の身体の整え方、工夫稽古について(宮脇先生)
 > 射技実演と解説(結城先生)
 > 射技指導(3射場各一手坐射)計3回
 > 持的射礼(五段)
 > 仕上げの一手坐射(審査の間合い)

少し肌寒さはありましたが、春めいた穏やかななかでの講習会でした。
本日参加された殆どの皆さんが実感されたと思いますが、両先生の講習内容はものすごく濃くて、皆さん前のめりで両先生のお話を一言も漏らさないように、食い入るように聞いているのが、とても印象的でした。

本日の講習を受けて、個人的には、結城先生がおっしゃっていた、緩まない矢束、その人なりの骨格にあった矢束「絶対矢束」を早く探して、中りの安定に繋げたいと思いました。
そのためにも、大きく気持ちよい射をするための整った体、日々の練習は必須ですよね。
宮脇先生から教えていただいた体の整え方、道場に行かなくてもお家でできる「工夫稽古」は、即実践できますので、日常に取り入れてみたいと思います。

朝から夕方の会場終了時間ギリギリまで、長時間にわたって両先生からご教授いただきました。
本当にありがとうございました。

2月度記録会  鈴木(ま)

Sun, 02.24.2019, 10:42

日時:平成31年 2月23日 (土) 10:00〜13:00
射侯:立射20射 + 花的争奪戦
 全体   14人 39%
 初段 1人 10%
 弐段 4人 25%
 参段 1人 40%
 四段 5人 46%
 五段以上 3人 57%
最高的中者: 松久(て)
花的獲得者: 鈴木(ま)
的中率50%超: 4人
四ツ矢皆中者: 2人

幹事より一言
今回は審査の前日ということもあり、参加人数は控えめとなりました。来年度はなるべく審査前はなるべく避けるようにしたいと思います。
花的(八寸)の矢取りにいくと、皆さまの矢が尺二の範囲に集まっていました。誰でも集中次第で射の精度がかわる良い例だと思います。特に会〜離れの、射のブレ、無駄な動き、に気づければ、尺二でも再現できるはずです。八寸的という目印の代わりに、藤の縦横の狙いなど基準があるとより気づきやすいと思います。
20射を続けて引く、八寸的で引く、通常の練習とは異なる気づきの場として記録会を活用していただければ幸いです。次回は3/16の開催となります。

平成30年度 第3回連盟弓道大会  春木

Sun, 02.17.2019, 18:15

日 時:平成31年2月17日(日)
場 所:朝霞市内間木公園弓道場
参加者:36名
<矢渡し>
射  手 高橋 幸恵 四段
第一介添 斉藤 典子 四段
第二介添 松永恵実香 弐段
射 侯  :一手坐射1回 四矢坐射3回(計14射)
個人戦(36名)、団体戦(12チーム)で行いました
{結果} (敬称略)
<個人戦>
優 勝: 大塚 進
第二位: 春木 忠
第三位: 工藤 勉
第四位: 乙須 拓洋
第五位: 岩元 真
<団体戦>
優 勝: Kチーム、斉藤、紀、官野
第二位: Gチーム、春木、佐藤(敏)、乙須(拓)
第三位: Cチーム、乙須(千)、松尾、大塚

参加者36名と審査も重なりいつもより少なめでした、団体競技の坐射と言う設定に少し難易度が高い射会となりました。
個人戦の優勝決定戦は、3名による射詰、 2名による遠近と見ごたえのある決定戦でした。
団体戦ではKチームの素晴らしい追い上げと粘りの優勝に皆様から拍手が送られました。
まだまだ、真冬を感じさせる1日でしたが、陽射しもあり、良い弓道日和だったと思います。
不手際はありましたが、無事射会を終えることができました。
参加した皆様に幹事一同感謝いたします。
皆様有難うございました。

平成30年度第五回西部支部講習会(三・四段) 浅沼

Mon, 02.04.2019, 01:18

日付:2019年2月3日
場所:三芳町弓道場
講師:
 教士七段 鹿野信恵先生
 教士六段 花井俊則先生
女子[襷がけ]
先生の実演と同時に襷がけ動作練習
襷がけの際に弓と矢を組む時は膝をいかし
極力落とさないようにする事が大事だそうです。
矢を弓の下に送ったら水平に保つようにすると落ちにくいそうです。
襷がけで襷を回すときは頭を下げないよう
頭上を越えるようにする。
襷を外す時も、結びめを解いて襷の折り目に
そって速やかに折り腰に戻し退場をする。
質問も、ありました。「襷かげの時ねじれてしまう」「襷をかけた際に×の位置が上だったり下だったりしてしまう」いずれにしろ練習をして慣れるようにする事が大事だそうです。
また、襷をかけた時に肘が見えすぎるのはよくないのでその時は少し袖を下ろすようにしてくださいとお話もありました。
襷は汚れやすいので常に白く綺麗にしておく事も大事だそうです。
先生、ありがとうございました。
*女子、襷かけの報告でした。*

平成30年度第五回西部支部講習会(三・四段) 石橋た

Sun, 02.03.2019, 23:13

日付:2019年2月3日
場所:三芳町弓道場
講師:
 教士七段 鹿野信恵先生
 教士六段 花井俊則先生
参加人数:48名(内朝霞13名)
天候:晴れ
講習内容:午前に一手坐射と講話。男女に分かれ、肌脱ぎ、襷掛けの指導。午後に一手立射の個人指導を両先生より。その後、仕上げ一手を競技の間合いで行った。
指導内容メモ:
・足踏み:右足踵を上げないで開いてほしい。閉じるときは膝を曲げないで、縦線を生かすように。
・弓を立てるとき:末弭(上弭)は中心。体の縦中心より右に出る人が目立った。
・弦を返すとき:下を見ない。目線は2m先である。
・弦を返すとき:弓だけを返すのではない。弦を前に送り常に鼻弦を保つ。
・矢を取るとき:腕を組む。羽根を見る。顔を戻す。甲矢を取る。一つずつの動作を楷書で行うように。乙矢を持った右腕は肘を生かして矢越しをしないように(肘が死んでいる人が散見された)。
・腰を切り立つとき:矢を持った両肘の高さを同じに(左肘を張ったままではない。弓矢は捧げ持つのだから両肘同じ高さになる)。矢の高さは目線、そしてキープ。もともと低い人、物見で一旦下がる人がいるので注意を。
・立った時:男子は両足の間隔を3cm空ける。女子は両足をつけるが、男子は空ける(揃え付いている人が多いので注意。ここでも基本姿勢の立った姿勢なのである)。
・取掛け:矢先が上を向かないよう。自分の目線と脇正面からの目線は違うので、鏡で確認するように。
・弓倒し:腰に取る両拳の高さが左右で違う人が目立った。
・退場:足さばきが悪い。揖目標物に向く際、踏み出す左足と残る右足がL字を成すように(T字ではNG)。次の右足を揃えるときは、左足の後ろから差し込むようにする(横から寄せるのはNG)。
・退場:退場線が2本(敷居と退場線・仮の線など)ある場合、もう1本の線も踏まないこと(敷居は踏まないのである)。
<肌脱ぎ>(男子)
・本座揖の次の脇正面へ向く際、45度向いたところで体の中心で両拳を組む。
・その時の妻手の位置は、とがしらにかけの拇指が来るようにする。即ち入場時から弓を握る手の位置に注意。
・左手で着物の懐をくつろげる際の手刀は2回まで。何度もやらない。
・脱ぎ終え襟を正す際は、上から順に一度で終えること。上下を行き来しない。
・的正面に向きなおす際、末弭が床に着くのは男女同時。即ち男子は素早く降ろさねばならない。

<射について>
・大三への移行で、妻手が先に動く人が多い。1,2は弓手先行、3,4で妻手を。それまで妻手は我慢する。
・詰合いと伸び合いが大切。良い詰合いのためには取掛けでの円相が大切で、両肩を前に出すように。打起しではすくい上げるように両肩から前へ。両肩が後ろに逃げないようにすること。
・審査では中てないと駄目であるとの気持ちが悪さをする。正しく引けば中るのだ。

以上、両先生から様々にご指導をいただきました。体配については注意をすればできることと思うので、共有できるよう記しておきます。
鹿野先生、花井先生、サポートをしてくださいました先生方、本日は本当にありがとうございました。引き続き精進いたしますので、これからもよろしくお願いいたします。

平成30年度第五回西部支部講習会(2段以下)  阿部

Sun, 02.03.2019, 19:24

日時:平成31年2月3日(日)
場所:新座市総合体育館弓道場
主任講師:教士七段 市川 政子 先生
  講師:教士七段 松嵜 恭子 先生
出席:51名(内朝霞11名)

講習内容:
<午前>
一手坐射
体配指導

<午後>
失の処理の仕方(筈こぼれ、弦切れの場合)
2射場に分かれて個別射技指導
坐射一本(時間の都合上)

真冬なのに暖かく穏やかな日でした。
審査が近いため、審査における身だしなみ、射場の入退場、手の内、失の処理等ご指導いただきました。
また、審査前だからと矢数を増やす練習よりも、一手の内一本を確実に当てる練習と普段通りの間合いでやって下さいとのことでした。
先生方熱心にご指導いただきありがとうごさいました。
参加者の皆様お疲れ様でした。

1月度記録会  鈴木(ま)

Wed, 01.30.2019, 00:10

日 時: 平成31年 1月26日 (土) 10:00〜13:00
射侯:立射20射

全体 20人 46%
初段 1人 35%
2段 6人 36%
3段 2人 40%
4段 6人 50%
5段以上 5人 57%

最高的中者: 武田(け)さん
花的獲得者: 松永さん
的中率50%: 7人
四ツ矢皆中者: 4人

幹事より一言
今回は初段〜5段以上まですべてのカテゴリーの皆様が頑張った結果、過去最高の的中率となりました。また、今回の花的は松久(あ)さんによる特別仕様でした。い!獲得したい!と皆さま熱が入る中、見事に松永さんが射止めました。
定期的に参加されている方も多くなり「継続は力」と感じます。反省を次に生かすことは簡単ではありませんが、あきらめずに積み重ねていきましょう。

平成31年 西部支部 初射会(平成30年昇段昇格者披露)  橋(明)

Wed, 01.23.2019, 19:18

日 時:平成31年1月20日(日)
場 所:所沢市武道館弓道場
参加者:121名(朝霞20名)
射 侯:一手坐射
巻藁射礼・矢渡し・一つ的射礼・昇段昇格者披露・一般祝射(称号者・有段者)の順で行われました。

巻藁射礼 池谷 茂先生
矢渡 斎藤 和子先生
・昇段昇格者披露
朝霞から田中(裕)さん
・一手一回皆中
山口先生、尾崎さんが予選通過
尾崎さんが5位に入賞されました。
・金的競射
的中三名、朝霞からは太田さんが的中されました。

朝霞は看的を務めました。閉会式で、今期も沢山の方のお祝いを出来るよう皆さん頑張ってくださいとのお話がありました。寒い中皆様お疲れさまでした。

投稿していただける方への注意事項

個人的な質問や、個人への連絡は道場において直接お願いします。
以下のことは書かれないようにお願いします。

・ 投稿者の特定が困難な書き込み。
・ ほかの人が恥ずかしく思うこと。
・ ほかの連盟の人にかかわること。
・ イベント内容の趣旨に直接関係しない先生についてのこと。
・ 自分以外の人のフルネーム(講習会の先生はこの限りでない)。
・ もちろん相応の共通認識及び本人の許可がある場合はフルネームで全く構わない。
・ きちんと確定していない時点での連盟自体の予定に関すること。
・ 一般に悪口や差別発言とみなされること。

よくわからない場合は、これまでの投稿内容を参考にしてください。

「この内容で投稿する」ボタンを押すともう内容の修正はできませんので、
投稿される前に再度のご確認をお願いします(^^

HKB TOKYO BBS programing by c61.org

© 朝霞市弓道連盟 All rights reserved.